出産に備えての体力つくり

今年の7月に第一子を出産しました。
妊娠中、初期はとてもひどいつわりで寝たきり、飲食もできず10キロ体重が減ってしまいました。

メイプアップの筋トレへの効果メイプアと私の口コミ!購入して3ヶ月飲んだ結果…!

およそ2か月間寝たきりだった為に、全身の筋肉が衰え、すこし歩いただけでも疲れるようになり、布団をたたんでクローゼットにしまう動作すら力不足でしんどくなっていました。そしてコロナという事もあり、外にも出ず毎日家でゴロゴロ、食欲も普通になってきて食べ始めてからどんどん体重が増えていき、産婦人科の先生に指摘されてしまいました。

このままでは妊娠高血圧症候群のリスクも高まるし、出産するための体力がないと危機感を覚えたので、YouTubeで妊婦さん用の筋トレ方法を紹介されている動画を見て4か月ほど毎日続けました。

主にやっていた筋トレはスクワットです。下半身を鍛えることで出産の体力作りに効果的と紹介動画で言われてたためです。
15分ほどの動画を1日×3回見ながら筋トレし、とうとう出産当日を迎えました。
赤ちゃんを産むために、全身の筋肉を使って息を止めていきむんですけど、出産した後、鍛えていた下半身に産後の疲れは全くと言っていいほど出ませんでした。
腕や腹筋は、特に筋トレしていなかったので産後しばらく筋肉痛が続きました。

出産するまでに16時間もかかりましたが、こんな長時間飲食もせず、痛みに耐えて出産できたのは、この筋トレのおかげです。

痩せるための筋トレメニューとは?

ダイエットのために有酸素運動を取り組むなら、まずは筋トレから行うべきです。
今回は、効果的に基礎代謝を向上させる筋トレメニュー&ストレッチ、有酸素運動と無酸素運動の違い、筋トレのメリットなど痩せやすい体作りに必要な基礎知識をつけるといいです。

メイプアップのレビュー!

1日の食事から必要なたんぱく質を摂取できればプロテインを使う必要はありませんが、実際のところ、難しいのが現状です。
日本人男性に必要な1日のたんぱく質量は、60g程度ですが、意外と少ないと感じた男性も多いと思いますが、これはあくまで、トレーニングを行っていない一般人が摂取する目安です。

トレーニングを行う男性は、【自分の体重×1.7g】分のたんぱく質を摂りましょう。
この量を3食で摂取することは難しく、万が一取れたとしても、脂質や糖質が基準値を大きく上回る傾向があります。
プロテインは、脂質や糖質など余計な栄養素は取らずにたんぱく質をメインに摂取できるため、筋肉量の維持・回復におすすめされています。

筋トレを続けていけば必ず体重は落ちます。もっと効率よく痩せたいという男性は、有酸素運動と併用して取り組むことで体重減少スピードがアップします。
女性にモテる理想的なボディを手に入れましょう。