お風呂の温度で体脂肪をコントロールする

ダイエットでは体脂肪のコントロールが重要ですが、実はお風呂の温度でコントロールすることができます。
夕方になると、自律神経のうち副交感神経が優位となり、胃液とインスリンの分泌量が増加します。
また、身体活動も低下するので、脂肪の合成と蓄積も高まり、エネルギーを補給させています。

スラリオの口コミ”!

食事から摂取したエネルギー源である糖質・脂質・タンパク質は、いずれも肝臓で脂肪に合成され、体脂肪として溜まっていきます。
脂肪の合成を進行させ、体脂肪を多く溜めるためには、副交感神経が優位な夕方以降に、より副交感神経を刺激する方法として、入浴の活用が推奨されます。

42度以上の高温浴の場合、交感神経が優位になり、38度以下のぬるめの入浴の場合、副交感神経が優位になります。
眠気がある時に熱いシャワーを浴びると目が覚めるのは、交感神経が優位になった結果であり、ぬるめのお湯に入ると心も体もリラックスするのは、副交感神経が優位になった結果です。

夕食前に、ぬるめのお湯に入ると副交感神経が優位になり、胃液とインスリンの分泌量が増加し、体脂肪が多く溜まるようになります。
交感神経を優位にして体脂肪の蓄積を抑えるには、集めのお湯に入ればよいということになりますが、入浴による休息効果が得られにくくなるので、適温で入浴した後に追い炊きするとよいでしょう。