マスクの色で変わるメイク方法

外出するときは必ずマスクをするようになってからメイク方法に悩んでしまいます。マスクの色によって(例えば白、黒、薄いピンクなど)お顔の印象が変わります。マスクの色によってきれいな素肌にみえることもあります。マスクはお顔の半分は隠れていますが目元は見えるし、その部分が人の第一印象を与えてしまいますよね。私はマスクの色によってメイク方法を考えています。

http://www.seopmallorca2018.com/

暗い色のマスクは(黒など)小顔の効果はありますが暗い印象にみえてしまいます。とくに目の周りです。私は目の周りのくすみ、目の下のクマが気になるのでしっかりとカバーしています。コンシーラーを気になる部分につけて指の腹でやさしくお肌になじませます。そのあとにしっかりとファンデーションでカバーします。
明るい色のマスクをつけるときは(白など)目元も明るく見えますがコンシーラーで気になるくすみはしっかりとカバーします。でもファンデーションは薄塗にしています。
暗い色のマスクはアイメイクがはえます。明るい色のマスクのときはしっかりとアイメイクで色をだして目元を強調しています。
マスクを外したときも注意しています。ファンデーションのスポンジ(なにもついていないスポンジ)か、ティッシュでお肌とマスクの境目を軽くおさえています。マスクで隠れていたお肌も軽くおさえてなじませると素肌がきれいです。