25歳がお肌の曲がり角というのは本当だった!

10代から20代前半の頃にはなかったお肌の悩みが、20代後半になって出てきました。たしかに、10代の頃も、ニキビができた!と騒いでいたことはあります。でも今は、昔の悩みとはすこし違うように感じます。

ビューティーオープナージェルの口コミを完全レポート!

まずは、小鼻やその周囲の毛穴の開き。25歳をすぎ、あれ?こんなに毛穴あったかな?と思い始めます。そして、くすみ。化粧をしても血色が悪かったり、なんだかパッとしない気がします。化粧前に顔をマッサージしたり、コンシーラーをつかってなんとかカバーしています。ここ最近では、ついに、しみもうっすら出てきました。自分にしみができる、なんて考えてもいませんでした。中学生、高校生の頃、日焼け止めもしないで自転車を乗り回していたことを後悔するばかりです。

雑誌やネットで、25歳がお肌の曲がり角、と目にしたことはありますが、なかなか自分自身に起こることだと想像していませんでした。なので、あぁ本当だったんだなぁと若い頃の行動を反省してスキンケアを丁寧にやるようになったのはここ最近です。

簡単にわたしの行っているスキンケアや気をつけていること、やってよかったことを紹介します。

まず、クレンジングや洗顔を丁寧に行うことです。ついゴシゴシと洗ったり、シャワーで直接顔を流してしまいがちですが、それをやめてみました。すぐに何か変化したわけではありませんが、すこしだけお肌が柔らかくなったと思います。そして、化粧水や乳液を丁寧にパッキングすることです。あと、ここ最近は乾燥も強いので、夜にブースターとして美容オイルもつけています。オイルで肌荒れする方もいるようですが、わたしはオイルを使用することで、朝起きたときにもっちりするようになりました。

なにか大事な時の前は、美容鍼や小顔矯正にも行っています。お肌に直接影響があるかはわかりませんが、顔周りがすっきりして、くすみやたるみは良くなると思います。

とはいえ、日々の丁寧なケアが大切だと感じる日々です。生理前などはとくにお肌が荒れやすいので、睡眠や食事にも気をつけています。

若い頃に気をつけていればよかった後悔はしますが、今からできることをやっていこうと思います!