卒乳後の現実【私のおっぱいどこいった】

妊娠中から徐々に大きくなっていく胸。

出産という大仕事を終えると、信じられないくらいパンパンに胸が張ってきて我が子のため母乳を作ろうと頑張ってくれます。

最初、夫や家族の前で授乳するなんて恥ずかしい…と思っていた私も、1時間半や2時間おきに授乳が続くと恥ずかしさにも慣れ、朝起きたら胸を出したまま寝ていた、なんてこともしばしば…。

下着も締め付けのないカップ付きのキャミソール一択で、すぐに授乳できることが1番大事。授乳期間中は胸も大きいので、その後のことなど考えず、特にケアなどもしませんでした。

  

私は結局1歳半まで授乳を続けました。

無事卒乳し、これで好きな服も着れるし、外出時に授乳のために授乳室を探し回ることもしなくていいから楽になるわ?なんて思っていた矢先!

「あ、あれ…?」

1年半の間にわたり授乳という大仕事を終えた私の胸は見る影もなくしぼみ、皮膚が伸び、垂れているというより削げてる…

しかも乳首も伸びきったままというあまりに可愛そうな状態でした。

お風呂あがりの私を見た夫も驚きを隠せないほど(笑)

話には聞いていたけど、想像を10倍ぐらい超えてきたので、一気に老けた気がして本当にショックでした。

しかし、このまま落ち込んでいても仕方がないので、元通りとはいかなくても少しマシになる方法はないものかと検索を続け、いくつか試してみることにしました。

まずは、今のサイズに合ったブラジャーを着けること。

妊娠前のブラジャーを使いたいところですが、今のサイズをしっかり測り、サイズに合ったブラジャーをつけることで形の良い胸を作ることができます。

次に、姿勢を正すこと。

授乳や子供世話で猫背になりがちなので、姿勢を正すだけで意外と胸が引き上がります。私は1日15分などすきま時間にヨガを始めました。YouTubeなどを見ながら家で空いた時間にできるのでおすすめです。

最後に保湿をすること。

好きなクリームで背中から胸へ、下から持ち上げるようにマッサージします。キレイな胸を作るためには潤いも大切です。

私と同じように、変わってしまった胸にショックを受けた経験がある方もいると思います。しかし、それはお母さんが頑張った証拠ですし、諦めずにケアしてあげることでもっと自分の胸を好きになれるんじゃないかと思います。

私も現在進行形ですが、徐々に効果を感じています。

私と同じ悩みを持つ方に、この記事が参考になれば嬉しいです。